宣伝にもなる中綴じ印刷を試しに作ってみよう

男性女性

本を電子書籍化できる

電子書籍

紙媒体の書籍を電子書籍化する作業を自炊と呼ぶことがあります。もともとはネットスラングでしたが、近年は用語として定着しつつあります。本の自炊には、かなりの手間と費用がかかります。電子書籍もかなり充実してきていますが、まだまだ書籍でしか読めない本もたくさんあります。そのため、近年では自炊代行を行ってくれる業者も登場してきています。自炊代行業者を利用するメリットは何より手軽だということです。自分の家で自炊をしようとすると、専用のスキャナや本の裁断機などをそろえる必要があり、かなりの費用がかかります。何より本を裁断して一ページずつスキャンしていく作業はかなりの手間です。費用もばかになりません。もとをとるまでにはかなりの冊数を自炊しなければ割に合わず、忙しい人には向いていません。しかし、自炊代行業者を利用すれば、こうした手間を大幅に省くことができます。不要な機器を揃える必要性もありません。料金もそこまで高くなく、一冊100円ほどでできることが大半です。ただ、自炊代行業者のニーズが急速に高まったため、人気が殺到しており、注文から納品まで時間がかかるという現状があります。そのため、気長に待てる人ならばよいのですが、そうでない人はそのまま読んだ方が手間いらずで早いこともあります。利用したいときは、納期などについてあらかじめきちんと確認しておくべきでしょう。また、当然ですが電子書籍よりも印刷のクオリティは落ちるのでその点もあらかじめ認識しておく必要があります。